maya's voice


MAYAのひとりごと
by artmodelmaya
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メモ帳
artmodel MAYAのホームページ
当ブログの絵画、スケッチ、写真等の画像、文章の著作権はすべてMAYAに帰属します。許可なく無断転載・複製、配布をすることはできません。


YouTube Private album



Youtube 不思議な旅人



Private album2



Museum +Coming Soon...+01



Private album3



YouTube action portrait



YouTube Magic Hour



Youtube 二十四のつぶらな瞳



Youtube エンジェルロード



ブログランキング


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

人気blogランキングへ
にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
人間関係・幸せな友情のた..
from 人間関係
日々日記
from 日々日記
キューピー
from たびちゃん、ゆらゆら
c窶册st un cha..
from たびちゃん、ゆらゆら
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:ひとりごと( 102 )


少女性

f0085321_8018.jpg
人の心には
女であれ
男であれ
多かれ
少なかれ
少女が棲んでいる

永遠の少女性

年を経て
歳を重ねても

本能という名の回帰性

少女を荒ませては
排除させては

本能という名の防衛

心の部屋に住まう少女

存在の無視と否定から
女は歪み
男は廃る

其処にあるものは
形あるものだけではなく

見誤ることなく

写し撮る

撮影という名の
癒しが

初めて
始まる
[PR]

by artmodelmaya | 2010-04-24 08:40 | ひとりごと

異次元のMAYA

f0085321_11185246.jpg

複雑に交差する
次元の隙間から見えるのは
誰?
夕暮れ時
わけもわからず泣きじゃくっていた
何処から来て
何処に帰るのか
思い出せない心もとなさ
何の為に
誰の為に?
意のままに現れる世界
朽ちゆく物質
次元を超えて
それぞれの世界で
精一杯
生きる
わたしに出逢う
新しい旅が
はじまる

貼りこお写真は先日の奈良野外ロケの時の一枚。
久しぶりの再会。
互いの近況報告みたいな表面上の会話のままで、撮影に入らない。
言葉を交わし、目まぐるしく変化する話題のひとつひとつに光をあて、オーラが融合をはじめるまでに1時間はかかった。
快晴とはいえ、真冬の公園の冷え込みは厳しい。
わたしの心が動き、溶けるまで、根気よく待ってくださった。

シャッターチャンスとは、そういうものだと、思う。
[PR]

by artmodelmaya | 2010-02-05 11:42 | ひとりごと

心から・・・

f0085321_822509.jpg
美しい思い出の破片を繋ぎとめたって

もとのかたちにはもどらない

費やす時の流れに隠れている真実

ただ

今は

想いは宙を彷徨い

言葉にならない言葉であっても

心をこめることで

辿る平行線が交差する奇跡

人として

生まれて

生きて

堕ちたり

昇ったりしながら

あなたとともにあることを・・・



★なかなかブログが更新できていません。
おつとめしている雑貨屋さんのこととか、プライベートなこととか、なんだか毎日を生きるだけで精一杯な気がします。
でも、ご心配なく。
モデリングは、ひとつひとつの撮影を大切にしています。
モデルのお仕事をお請けする時の方針を変える時期がきていると感じています。

何故、女性を撮るのか、その動機は様々だと思います。
カメラ、撮影の一線を越えて、求めるものは何ですか?
カメラはあなたのアクセサリーに過ぎないのではないですか?

個人の趣味の撮影では、フェティシュ、S・M、緊縛、ハードなエロスの世界であれ、ヌードであれ、ポートレートであれ、ジャンルに関わりなく、写真にお互いの関係性や人生が写し取られてしまうのは、避けられないこの世の不思議です。

どんな関係を持ちたいですか?

どんな人生を送りたいですか?

カメラは必要ですか?

互いの存在を尊重できる幸せな撮影。
カメラマンとモデルが撮影を楽しめていますか?

撮りたいから撮る。
その興味、欲望があるから撮る。
欲望がブレた時、その欲望は何処に向かおうとしているのかと、対峙させられる。
関係を持つことに、興味、欲望が移行した時点で、撮影と縁遠いものになってしまう。
もう、撮影は必要のないものです。

写真を撮れなくなってきているカメラマンさん、やめてしまったカメラマンさん・・・。
撮影に真摯であればこそ。
人生の前半と後半を見つめなおす時期、年代であるからなのかもしれません。
腕のある、なしではないのです。

撮影を通して、己は何者なのかと、撮り続けるその姿には男の、人間のサガが垣間見え、モデルの立場として、とても愛おしいから、こちらも必死で応えようとします。

撮影は、カメラマンが、モデルが、己を問い続けること。
撮影は擬似的な親密関係で癒しあうこと。
その刹那に、一瞬、全ての祝福を受け、「いい写真」が撮れる。
動画は似て、非なるもの。

撮りたい写真を撮ろうとする過程は、果てしない修行のようなもの。
疲れ果て、ボロボロになって、でも、それを癒せるのは他人ではなく、自分自身。
そして、それは皮肉にも撮影することでしかない。
逃げなのか、卒業して進級するのか。
曖昧模糊とした葛藤。

カメラで生きる男たちの凄惨で壮絶な世界。

カメラの進化が加速度を増し、比例するようなカメラマンの声無き悲鳴。

堕ちて、初めて知ることができる智慧。
這い蹲って、のた打ち回って、握りしめた拳の中に一粒輝く石ころは、何ものにも変えがたい宝なのではないでしょうか?

わたしは共に、その石ころを磨きたい。
邪魔であれば、せめて心をこめて、見守らせてください・・・。
[PR]

by artmodelmaya | 2010-01-26 10:45 | ひとりごと

わたしは貝になりたい

f0085321_12112071.jpg
モデルは使い捨てなのだろうか?
カメラマンの地位や名誉や仕事を満足させる為の。

芸術は心の表現方法にしかすぎず、
なにをそんなに驕り、高ぶるのか?

搾取し続けてもなお、飢え、それではまるで餓鬼ではないのか?

モデルの屍の上に君臨する写真からは、
腐敗した臭いがたちのぼるだけだ。

謙虚さを失ったカメラマンほど、哀しいものはない。
★Photo by S.S
貼りこお写真はエッセイとは関係ありません
[PR]

by artmodelmaya | 2009-11-05 12:34 | ひとりごと

憶えているかしら

f0085321_1030425.jpg
切り撮られた景色は、まるで絵画のよう。

わたしは、その絵の中に融けこみたかった。

その刹那だけ一緒になれるような気がした。

変わらぬ想いを重ねあわせて、紡いでいきたかった。

わたしを撮っているようで、わたしを撮っていない・・・、そんな疎外感も

透明な光に吸収されて、虹色に輝いていた。

新しい史が始まろうとしている。

停滞という死から甦る。

技術でもなく

性能でもなく

地位でもなく

名誉でもない。

そうしないでは生きられない

命の宿るありかを探すのだ。
[PR]

by artmodelmaya | 2009-10-14 10:51 | ひとりごと

父の死

f0085321_1114698.jpg
9月11日にMAYAのお父様が亡くなりました。
同時多発テロから6年目の日にあたるのですね。

父はMAYAがヌードモデルを続けていることすら知りませんでした。

でも、もう、お空の上で、それこそ千の風になって、今、父はMAYAと共にいてくれるのですから。

告別式でMAYAは父の遺影を抱いていました。
叙勲の時のお写真。

ああ、最後までMAYAは写真とは切っても切れなくて・・・。

何を書いていいのか。

それでも日々の連綿たる仕事。

もうすぐ初七日を迎えます。
★Photo by Mr.T
[PR]

by artmodelmaya | 2009-09-17 12:11 | ひとりごと

Sincerity

f0085321_1432234.jpg
人生をリセットできるチャンスは、諦めなければ訪れる。
新しい出会いを頂いたのなら、誠心誠意、関わってみて。

諦めず、まず、自分に誠実に。
そして、頂いた出会いに誠実に。

どれほどの罵詈雑言を浴びたとしも、無責任な責任感など捨てて、誠実に生きること。

必ず、悪循環から抜け出せるから。

一回しかない人生の貴重な時間とエネルギー。
人はリアルな存在。
妄想の中だけでは生きにくい。

与えた代償としての報酬は愛じゃない。
受け取り続けていては、いつも最後に残るのは愚痴や不平や不満という負の財産。

自信は思いを行動に移してついてくるもの。

どうせ、わたしなんて・・・とか、こんなわたしなんか・・・とか、自分の可能性の芽を摘まないで。
誤魔化さないで。
自分の強いところも、弱いところも、綺麗なところも、汚いところも認めて。

人はひとりではないから。

誠実な言霊は、そんなに難しいものじゃない。

ありがとう。
ごめんなさい。
どうぞ、よろしくお願いします。

言えば言うほど、Happyが増えていく魔法の言葉たち。

最初は苦痛かもしれない。
最初から上手な人はいない。

ずっとひとりで抱えてきた忍耐強さがあるなら、それをほんの少しの勇気に変えて。
何処にも、誰にも唾を吐いて先に進んでも、同じことを繰り返すから。

出会えて嬉しい。ありがとうって言えた人には、いつかお別れの日がきても、ありがとうございましたって、感謝の気持ちでピリオドが打てるから。

門出を、お祝いしましょう。
★Photo by MAYA 「ハートのじゃがいもキューピー」
[PR]

by artmodelmaya | 2009-08-28 14:59 | ひとりごと

One-sided love

f0085321_11424076.jpg


何百年もかけての

片思い

報われない 恋

ずっと、探してた

ずっと、待ってた

帰ってきてくれることを

信じていたのに・・・なんて

なんて、ファニーなんでしょう

裏切りと背徳と

麻薬と媚薬と

心に効くお薬の処方箋

袖を通さぬままのワンピース

短かった夏が、終わる
★Photo by Mr.S.S
[PR]

by artmodelmaya | 2009-08-26 11:48 | ひとりごと

Training camp

f0085321_1541053.jpg


それが合宿なら

合宿なら、いつかは終わる。

それぞれの道に

卒業していく。

別れる時に感じる

出会いの不思議を・・・。

★Photo by Mr.S.S
[PR]

by artmodelmaya | 2009-08-24 15:25 | ひとりごと

Xデー

f0085321_9273412.jpg
もう少し、あともう少しで、わたしの役目は終わる。

もう少し、あともう少しだけ、せめて美しい想い出を創りましょう・・・。
★Photo by Mr.J
[PR]

by artmodelmaya | 2009-08-21 09:34 | ひとりごと